野々市の鉄道「いま」「むかし」

 10月28日(日)午前、カメリア・パルの会主催の「野々市の鉄道『いま』『むかし』」のイベントが開催され、里まち倶楽部にガイドの要請がありました。

 市内の親子34人が参加し、「むかし」の鉄道として北陸鉄道「松金線の跡」を、「いま」の鉄道として北陸新幹線の工事現場を訪ねました。

 また、参加者はJR北陸線(野々市駅~西金沢駅)、北陸鉄道石川線(新西金沢駅~野々市工大前駅)の乗車も楽しみました。

 里まちガイドでは、主に前半の松金線跡のガイドを担当。中央公民館から北陸鉄道野々市駅まで本町地内の鉄道跡地を歩いて移動し、その後バスで郷地区の松金線跡を追いながら、当時の面影を案内しました。

 昭和15年当時の本町地区の鉄道関連の図 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。