県立大のMap Project 報告

 この度、県立大学のマッププロジェクトの一環として、ののいち里まち倶楽部で作成した本町地区のまち歩きマップを英訳してもらいました。

 2012年2月27日(月曜日)午前10時から石川県立大学大講義室で、ののいち里まち倶楽部に対して、英訳されたマップの贈呈式がありました。
 当日は、今回のプロジェクト全体の報告とともに、学生たちから本町地区の見所について、英語と日本語で紹介されました。今回のプロジェクトのメンバーである、アメリカのローズハルマン工科大学の学生も、このために来日しました。前日のリハーサルの成果が発揮されて、堂々とした発表でした。

【本町地区について、英語と日本語での紹介】

 

 その後、学生たちから、マップの英訳を贈呈されました。


【学生代表からマップの英訳を受け取る帆苅会長】

【受け取ったことを学生たちに見せている帆苅会長】

 今回、英訳されたマップは、ののいち里まち倶楽部が地図として製作し、野々市市で印刷されました。今後、野々市市でのさまざまな行事に使っていただけたら、と思っています。
 お問い合わせは、ののいち里まち倶楽部事務局(市産業振興課076-227-6082)まで。

【 日米Map Project メンバー】

 その翌日、2012年2月28日(火曜日)午前10時から、日米の学生たちが刷り上ったばかりの英語版マップを持って本町地区を見学しました。天気は良いものの風が冷たい日でしたが、日本の古い家屋に興味津々で、元気に見学していました。多くの方のご協力に感謝します。


【英訳マップを手にして まち歩き】

 最後に、のっティと遭遇!のっティ体操のPRに協力するというハプニングも!良い記念になると喜んでいました。

【のっティとの遭遇】

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。