親子DE石川平野ポケット旅行「まちから山へ、山から海へ、海からまちへ」

2015年10月16日(土)、カメリアパルの会が主催する親子対象事業に里まち倶楽部会員2名が、ガイドとして参加しました。

ガイドは、野々市市役所から新庄地内の富樫用水分水口までの約2.7㎞を親子25人と歩き、木呂川遊歩道沿いの案内をしました。短い距離でしたが、野々市と水にかかわる話をしながら、時間はあっという間に過ぎました。

その後、バスに乗車し、白山市内の手取川七ヶ用水土地改良区白山管理センターを見学し、野々市市内を流れる水の源を確かめました。それから鶴来旧町で休憩後、北陸鉄道の電車とJR線を乗り継ぎ、終点の内灘駅まで行き、電車の修理工場を見学しました。最後に、バスに乗り込み、野々市市内の川の水が海に流れ込む犀川河口を見ながら、市役所に戻りました。

参加者は野々市発の6時間余りの小さなポケット旅行を満喫していたようです。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。